読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋とゆめとまぼろし

たとえばそれがまやかしだとしても

いつかこの夢を思い出してきっと泣いてしまうだろう

高良くんめちゃくちゃすきです…♡(冒頭の余談)

わたしはとてつもなくよく夢を見る方だと思います。というか、ちゃんと覚えてる方っていうのかな??とにかく昔から夢が楽しすぎて起きたくないってなるくらいに良い夢ばかりよく覚えています。一生寝て暮らしたい!!夢よ現実となれ!!そう願う日々です。その昔、ドラえもんひみつ道具に夢と現実を入れ替えるやつがあった気がするんだけど「危険な道具だ…」って認識できているほどには、まだクズを極めてはいないけれど、とても欲しかったもののひとつでもあります。

なんの話がしたいかというと、正夢って見たことある?ってはなし。聞いてください!!!!わたしはあるんです!!!!

1番最近の正夢…それは……
濵田くんの主演舞台( ; ; )しかも初夢( ; ; )

元旦早々にこの夢を見た数日後に濵田くんの主演舞台の発表がありまして、わたくし大歓喜いたしました!!初夢の正夢ってやばくない??今年の俺は一味違うぜ!って勘違いできるくらいに小躍りしたよね。万歳!!

だけど、問題は、その舞台のチケット…当たるの?って話。
そんな市場三郎さんに会える尊いチケットの当落があったのは先月の話。しがないメール会員としては当落がわからないままやがてやって来るその日まで「チケットVS返金用紙」という辛い心の戦争に耐え続けるだけ。
そんな日々の中ついに事は起こりました…
『返金が来るぞ〜』ブオォ〜〜って法螺貝?の笛の音が脳内にこだましました。ご親切な方の「返金届きました」ツイートを拝見し、ざわめく心を抱えずにはいられなかった。
来たか…。いよいよ、わたしは超高層バンジーのジャンプ台へ立たされてしまった。もちろん、自らの意思で立っているんだけど。返金が届いた時点でこの戦いは瞬時に終了する。あなたが濵田くんの舞台を観るためのお席はご用意できませんでした。(おとといきやがれ感)
さぁどうなる。。。毎度のことながら、チケットか返金か、どちらが先に届くかなんてわからないわけで。チケットの発送に関しては、事前にメールで何日から随時発送なんていう連絡が来るものの、返金に関してはいつどこて届くかなんてわからない。何度もひたすら【返金 スペース 届】と検索し続ける。東京公演だけですか?大阪公演もきてるんですか??届いた方は関東圏ですね???地方民はまだですね???次々に湧き上がる疑問。でもそれも、どんなに情報を模索しても、結局は水色か緑か…どちらかの郵便物が手元に届くのを待つのみという悲しくて苦しい時間の始まりでしかありません。でも、確実に申し込んだ人々に返金という終了のお知らせが届き始めているのは確かなこと。まずは、自分に返金が届かないことを祈る。すると、どこからともなく声がして。「さぁ、とびおりるのです!!!」有無を言わさず、自分の足元の床が抜ける感覚。突然始まるバンジー大会。このスリルだよ。心臓に悪い。返金の噂を耳にした瞬間から始まる更なる恐怖との戦い。自分に結ばれているこの命綱が、チケットという天国と繋がっている保証は皆無ですから。チケットという希望に繋がれなかったものはそのまま奈落の底へと落ちるのみ。地方民のわたしは、関東圏の方々が届いた!と言う知らせの1日2日後には届くかもしれないことになる。それを乗り越え、万に一つ返金用紙が届かなかった猛者には『もしかしたら当選したかもよ』という小さな光が差す。まるで、トランポリンのお助けアイテムでもうワンチャンス再び飛び上がった気持ちになれるような。確定ではないけれど、この命綱がしかるべきところへ繋がっている可能性がありますよっていう小さな期待に胸が膨らむ感じ。あとは無事にその『チケット』が届くのを待つのみ。そう!!!ただそれだけ!!!!届くはずのチケットを宙に浮いた状態で待ち続ける。その間にも続々と返金用紙という悲しいお知らせが届いては、地面へと叩きつけられていく同志が多数。わしはここで死んだ。では、返金が届かなかったからと言って安心してもいいのかどうか?それは難しい問題で、安心しきれないということが個別FCのない彼らを応援するにあたっての悲しい運命。遅れて返金用紙が届く可能性は十分にあり得るし、手違いとかそういうものが十二分にあり得る界隈です。チケットが届くまではなんの保証もありませんから。Jr.メール会員という括りの中では、誰も「あなたは当選しました!」って確実なことは何も教えてくれないんだもの。
空高く飛び上がり無事に『チケット』を手にできた者は、そのままふわふわの雲の上で極楽気分を味わうことができる!!でも、その稀に起きる手違いとやらで、やはりあなたは返金でしたと言われた日には、最初のお知らせ時より倍以上の高さから地面へと叩きつけられる。とてつもないダメージを受けることになります。さっきより高くさらにとびあがったのに、チケットを手にできなかったとすれば、それは計り知れないダメージだ。。きっとこれは稀な話なんだけどね?こうなったら、必死にチケツイやら掲示板やら足掻き苦しんで命綱をつなげる場所を死に物狂いで探すしかない。どんな状況にしろ、手元にチケットがないのなら、どうにかしなくてはと必死にもがくか、潔く諦めるしかない。ジャニヲタ生活において、何度この不遇に心を削がれたことか…( ; ; )個別FCがあれば、もう少し早い段階でチケットの当落は電話確認できるのになぁ。。それも、なかなか繋がらなさすぎて不安との戦いみたいなとこあるけど…今となっては自分で当落の確認ができるって素晴らしいことだな!!と心底思います。当か落か、どちらかはっきりと教えてもらえたらいいのになぁ。
長々とよくわからない話をしましたが、我の元には濵田くんの舞台の返金用紙が届きました。上記の通り、わたしは地面に叩きつけられたのです。身も心も粉砕するレベルのショックでした。めちゃくちゃ狭き門だと覚悟はしてたよ?でも、緑の封筒を見た瞬間、ボロボロと軽率に泣きました。うわーんて声出るくらいww子供かよ。そもそも、チケット取れなくて泣いたのなんて産まれてはじめてだよ!!!!わたしめったに泣かないんだよ!!なのに泣いてしまった!!ここ最近、テレビや映画でもなんにおいても、感動して泣いたことも思い出せなければ悲しくて泣いたことも思い出せない。多分担降りしたときに少し泣いたのが1年以上ぶりレベルで、もはやそれも半年以上前。大人ってそんなもんかな??わたしは2年に一度泣くか泣かないかってところだと思う。(目が痛くて泣くことはあるけどね)もはやトラウマの域で、涙も心も渇いた冷血人間が久しぶりに泣いた理由が、「自担の舞台のチケットが取れなかったから」と言うものだなんてね。笑ってやってくださいな!!!(辛いw
だけど…能天気ババアは、切り替えが大事!!ということで、『濵田くんがまたしてもわたしのはじめてを奪っていったよ…( ; ; )♡なんか!うれしい!!!()やだ…♡わたしったら濵田くんに(チケ不遇による涙)バージン♡奪われちゃった♡』って思ってたら元気になりました。単純かつ気持ち悪いです。知ってる!
それによくよく考えなくても、お友達と協力して申し込みしているので、誰かが当ててくれるかも!!という希望がまだまだありましたので…
結果、現在所謂「返金用紙が届いてないから多分当たってるんじゃないかなーー。多分だよ!期待しすぎるのはよくないよね!!」っていう状況へとステップアップ致しました。
はい、ただいまトランポリンで再び高く高く舞い上がっているところです。地に足がつかないとはまさにこのことで、確定しない当落に不安もありつつ、これはいけるぞ?という謎の自信によりふわふわ浮いております。
あんまり期待して上がりすぎると、落ちたときのダメージマジでハンパないよね。って言い聞かせながら、どうか無事にチケットが手元に届きますように!!!!!!と心の底から願っております。

だってわたし、夢で濵田くんの初主演舞台を観劇してたんだもん。会場内にいたんだもん。ということで話は初めに戻りまして、「正夢とはまさにこのこと」と言えるようにどうにか初座長濵田くんをこの目で拝めますように!!!!!!!

はぁ。
いつかこの夢を思い出してきっと泣いてしまうだろう。

きっときっと。それが嬉し涙だといいなぁ。