読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋とゆめとまぼろし

たとえばそれがまやかしだとしても

濵田くんに失恋したくないですか?

 

 

こんにちは。

真っ昼間から失恋のお知らせです💔📢

 

わたしは常日頃、はまだくんとの日常をあれやこれやと妄想しがちなのですが。妄想なのにどうしても幸せになれない時があって(割と常に)結果、永遠の片思いをしたりフラれたり切ないことばかりを考えてしまうのです😇そのことでお友達とも悲しみとスキのリプ合戦をしたことあるけど、、、これ濵田担あるあるかな??💕

 

そんな中、最近アスクに妄想のお題をいただけることがありまして♡嬉々としてめちゃくちゃたのしく答えを書かせてもらったりしてるのですが…!!!💓また続きもポツポツやっていきます💕質問くださる方も読んでくださる方もほんまサンキューサンキューで人生は素晴らしいです✌️(うまいこと言ったつもり)

これまた不思議と何故か、アスクだと楽しく幸せな妄想が出来る不思議でニヤニヤしながら答えるのがスーパー楽しくて!!!!!!!💓

 

 

先日頂いたアスクがこちら

↓↓↓↓

濵田軍団と遊びに行ったエピソード聞かせてください♡ | ask.fm/nyantk_j

 

濵田軍団と遊びにいったエピソードトーーーーク💓(釣りの話はしません😇)

 

めっちゃ幸せな気持ちになれてとーっても嬉しかったのだけど、同時に!!!!失恋の妄想もぐわーーーっと思いついちゃったから思いのままに書いてみたらやっぱりながくなったのでブログにしてみるという私利に走りました。

 

失恋しても良い方は是非、続きを読んで頂けると幸いでございます💓💓💓

 

いつものごとく、語彙力と文章力がないための駄文だから色々見逃してね…🙏

 

ーーーーーーー

 

 

 

 

のんちゃんに呼び出されたおしゃれなカフェ。ここには何度か来たことがあって、この前は上機嫌なはまちゃんが「特別やで」そう言ってデザートまで奢ってくれたことをふと思い出した。そんなことで顔が緩んでしまうくらいわたしの頭の中ははまちゃんでいっぱいだ。はまちゃんがいつも飲んでるグアバジュースを頼むのもそれと同じことで、小さな幸せを感じながら窓際の席に座りのんちゃんが来るのを待っている。約束の時間はもうとっくにすぎていた。呼び出したくせに遅れてくるなんて!寝坊でもしたのかな?そんなことを考えながら窓の外を見ていたら、のんちゃんが真っ赤な顔をして走って来た。息を切らしながらとても苦しそうにしている。むしろそんなに走って来たの?と心配になるくらいの彼を見ていたら、もともと怒ってはいないけれど、遅れて来たことはすぐに許した。
ごめんっていいながらやっぱりまだ真っ赤な顔をして肩で息をしているのんちゃんは店員さんが持って来たばかりの水をあっという間に飲み干した。それから「俺もおんなじやつお願いします」とお決まりのグアバジュースを頼んだ。
「ほんまにごめん!!」頭を下げながら手を合わせてるのんちゃんに「大丈夫!でも今日奢ってもらっちゃおうかな〜〜」なんて笑いながら冗談を言えば「そんなん全然ええねんけど…ほんまごめん」彼は歯切れの悪い返事をし、叱られた子犬見たいな表情で「はまちゃんがもうすぐここに来ることなった」と言う。はまちゃんがくる!嬉しい気持ちと心の準備で「ふーん」くらいしか返事が見つからなくて、ストローでくるくるとジュースの氷を回しているとのんちゃんは「呼び出しといてアレやねんけど…。」と、また歯切れの悪いセリフを言う。「さっきからどうしたの?なんかあった?」こんなに言いにくそうなのはきっと、いや絶対に良くない話だ。

のんちゃんはわたしの気持ちを唯一知ってる共通の友達で、親身に話を聞いてくれるとっても心強い存在だ。濵田軍団で遊ぶ時もわたしの気持ちをさりげなくフォローしてくれる。そんな彼がこんなに落ち込んでるのはどうにもほっとけなかった。
「はまちゃんとなんかあったの?」「……ほんまにごめんやねんけど。今日は帰った方がええと思う。いや、帰って?呼び出したん俺やけど…とりあえず、今日のところは帰っといてほしい」ほんまにごめんって言いながらまた手を合わせて頭を下げる。聞きたいことはたくさんあるけど…こんなのんちゃん見たことないから、ここはおとなしく言うことを聞いた方が良い気がした。全然納得はいかないけれど。「そこまで言うなら、帰るね!また話聞くからね?」
荷物をまとめて席を立つか立たないかのところでカフェの扉が開いた。はまちゃんがやってきた。離れたところでもすぐにわかるシルエットに胸が高鳴る。だけどそのドキドキはすぐに嫌な鼓動に変わってしまった。
いつもみたいにニコニコ笑う大好きなはまちゃんの隣に、かわいらしい女の子が同じように笑っていた。
ゆっくりとのんちゃんの顔を伺うと、とても気まずそうに愛想笑いを浮かべている。。。そういうことか。帰るべきなのは、やっぱりわたしの為だったのだ。
「急にごめんな〜!2人一緒って聞いたから、寄らせてもらってん」そう言って右手を頭の後ろにして髪をくしゃっとする。はまちゃんの照れてるときのクセだ。そんなことにすぐ気づいてしまう自分に深く同情する。それから続けて「紹介します!ともちゃんです!!」そう言って隣のかわいらしい女の子をお披露目すると今度はわたしと望をともちゃんに紹介した。頭の中も心の中もパンク寸前にぐちゃぐちゃになっているけれど、平静を装わなければいけない。絶対にわたしの気持ちを知られてはいけない。だって、もう、誰がどう見ても2人はお似合いだった。「たかひろくん」と呼ぶともちゃんは、少し見上げて愛おしそうにはまちゃんを見つめて微笑んでいる。それに応えるようにはまちゃんもまた、彼女を愛おしそうに見つめる。そんな彼氏彼女の間に、わたしのような存在は不要である。目と鼻の奥がジーンとする。

もともと、はまちゃんに好きな人がいるのは知っていたし、今までずっと自分の気持ちをどうにかしようなんて思ったことは一度もなかった。のんちゃんに協力を頼んだことだってないし、むしろバレないようにフォローをしてもらうくらいだった。皆で遊んで一緒に笑えたらそれでよかった。
だけど目の前の2人を見てしまったら、そんなものはただの虚勢だと気づいてしまった。本当はこんな風に、はまちゃんの隣で目を合わせて2人で笑い合いたかったんだ。ともちゃんがうらやましい。自分の気持ちを抑えるように拳をぎゅっと握ると、同じように胸がぎゅっと痛んだ。
「みなさんにお会いしたかったんです」「たかひろくんから聞いてます」彼女の何気ない言葉はわたしの心臓をザクザクと刺してから、傷口をグリっとえぐる最高の凶器になった。早くここから消えさりたい。出来る限りの自然な笑顔を心がけながら、そんなことを考えていたら、はまちゃんとともちゃんは行くところがあるからと帰っていった。

「早く2人に紹介したかってん!」嘘のないはまちゃんの笑顔がわたしを余計に苦しめたけど、精一杯の笑顔で「お似合いだ」とか「またね」とか、なんとも思ってないただの女友達としてふるまうことが出来た。苦しい時間はとてもとても長く感じた。でもきっと、この苦しみは友達として続いて行くんだと思う。

テーブルの下でずっと握ったままの拳をゆっくり開くと、我慢していた涙がボロボロと溢れ出した。
「よう頑張ったな」涙を手で拭うわたしに、ポケットから出したハンカチを貸してくれるのんちゃん。ありがとうと言ったら、余計に涙が溢れた。「泣け泣け!泣ける時に泣いといたらええねん!」威勢良くそう言いながら、めちゃくちゃ心配そうな顔をしている。言ってることと表情がめちゃくちゃで、一緒になって目に涙を浮かべているのんちゃんを見ていたら、ちょっとだけ心が軽くなった。

はまちゃんが幸せそうでよかった。好きな人が好きな人と幸せになれてよかった。でもほんとは嫌だった。そう言うと「せやなぁ」「わかるで」って言ってくれる。悲しいのか寂しいのか。悔しいのか苦しいのか。多分全部の感情が一気に押し寄せて爆発した。

「ゆっくりでええんちゃう?無理に忘れたりせんでええと思うで」優しく微笑んでくれるのんちゃんにさっきからありがとうしか言えていないけれど、最後に「ほんとにありがとう」ともう一度言うと、さっきよりほんの少しだけ前に進めそうな気がしてきた。だけどやっぱりしばらくは、すぐにはまちゃんを思い出して泣いてしまうと思う。

 

ーーーーーーー

 

 

 

勢いで書きなぐりながら、脳内で再生される映像に自分で泣きそうになったのめちゃくちゃめでたいよね😇😇

 

 

このあとどうなったんだろう、、、

 

はまだくんにプレゼントの相談されたらどうしよう!!!!女の子の欲しいもんわからへんねん一緒に買いに行ってくれへん?って言われたらさ!!!!!!!しにたくならない????何にも意識してません代表じゃん😇そりゃそうだけど💢万一バレたらともちゃんに悪いし、、でも友達じゃん??はまだくんは全く意識してないから💢問題ないでしょ💢でも!!!!だいたいそんなこと思ってるなら最初からいくなよ、、ってなるよね😇やましい気持ち持ってんのは自分だろって😇友達って立場を利用してはいけないとか無駄に悩みそう😇けどわたしのこと女という認識はあるんだね…😇うれしい()

結局、どっか期待しちゃって見事に打ち砕かれたい気持ちがあるのがそもそもYABAIZO〜〜

それでさ……なんだかんだあって………数年後……結婚式に呼ばれるかもしれない……それってもう………地獄では?…もはや共通の友達とか言って友人代表スピーチする始末になったらどうしよう……屍が灰になったらそっと姫路の空に撒いてくれ………さよなら

いや、でも!!!!2人は別れるかもしれないよ!!!!落ち込んでるはまだくんに諦めるなって言う??それともチャンスって思う???慰めワンチャン????😇でも別れの原因がはまだくんの浮気だったらどうしよう😇😇最高😇ここで真剣トークなんだけど、散々本人いってる浮気はなんだかんだほんとはしないと思うんだけどどう思う?😇浮気はね!浮気は!

でもさ、それとは別にあんなに優しいのんちゃんに惹かれるかもしれないじゃん????😇え!?!?!それも良…!!!!!!!

 

いくらでも想像できるの幸せだね😇

 

ちなみにともちゃんって

神山智子ちゃんだよ😇

 

 

 

とにかく失恋したがりの悲しき性を、どうしても発散したかったのでした!!!!!!!

長々とお付き合いありがとうございました🙇

 

また爆発したらブログに書きます!

 

 

 

ばいばーい