読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋とゆめとまぼろし

たとえばそれがまやかしだとしても

パンツ履いてないWEST

 

 

は?!ブログタイトル?!?!?

 

 

 

って思うよね。

わかりますわかります。

 

とりあえず聞いてください。

先日、新ドラマ「カルテット」をご覧になった方はピン!ときたり……???

 

しません????

 

 

突然ですが、わたし。

高橋一生さんがすきです。

 

そのドラマで高橋一生さんはクズ感極まりないのに性格がめんどくさい上に女たらしなバイオリニストの役をしてるのだけどそれが最高で最高で最高なんですよ。

 

くず!女たらし!万歳!!!

これはまだくんでみたいな〜〜〜〜

(女絡みなしで(傲慢))

 

とある場面で、高橋さんが「いま俺パンツ履いてないんだよね」っていうの!!!!!(泊まり先で洗濯が間に合わなくてってだけの話なんだけど。。)

え、まって、やばい!!え?!?!直履き…え??まって!!って大騒ぎしたわたしはすかさず脳内でそのセリフをはまだくんに言わせるに決まってる………………

 

 

 

『俺いまパンツ履いてへんねん

 

 

 

というわけで、偏りすぎた性癖を披露するかの如くブログを書くことにいたしました。

 

お付き合いいただける方は、

固い握手🤝致しましょう♡♡♡♡

 

 

 

 

WEST全員考えてもみた。パンツはいろんな理由によって履いてないんだよね。

 

適当に思いつきで書いてるから大目にみてね!!!とにかくお許しくださいね♡

 

 

いざ!!!!!!!

 

 

 

重岡くんの場合……

重岡くんはね、「ノーパン健康法って知っとる?」って唐突に聞いてきます。大真面目。「俺いまパンツ履いてへんねん」誇らしげです。「なんかなぁ、偉い先生が言うてはってな?今日からやってんねんけど、スースーしてめっっっちゃ気になるねん!!!!これで健康なったらすごいよなぁ!笑」って笑ってるよ…そうだね、すごいねって微笑みながらチラッと下半身に目がいくわたしに「いま見たやろ!!!!」って指差して笑う重岡くんと青春ラブストーリー!(?)

 

 

 

 

淳太くんの場合……

淳太くんはね、そんなこと起きないんですよ。パンツは必ず履いてます。パンツ履いてないなんてことないの。「パンツ??履いとるに決まっとるやろ!アホか。忘れた??そんなもんコンビニで買えるやん。すぐ買いに行けばええ話やろ。なんで履いてへんねん💢」淳太くんには怒られたい…♡でも万一旅先等で不慮の事故によりパンツが行方不明になったときはめっちゃもじもじしてほしい…。コンビニまで買いに行くのにそわそわしてる淳太くんに何も知らずに後ろから声かけたら死ぬほどびっくりして飛び上がるの!!「うぅわ!びっくりしたぁ」って言うから、なんでそんなびっくりしたの?って聞いても「なんもないわ!💢」って逆ギレ淳太くん!!!!!パンツ履いてないのに!!かわいい!!!!!!!

でも待って???????淳太くんて裸族だっけ?裸で寝るんだっけ??? あれ?シーツの中から「履いてへんよ?」ってある!?あるやつ……???

 

 

 

 

流星くんの場合………

「あかん、パンツ持ってくんの忘れた!」

みんなで海へ来て、行きに海パン履いてきたからパンツ忘れるっていうよくあるやつをきちんとやってくれる流星くん。海の家でシャワーしてから気付いた流星くんは、そのままズボン履くことを決意。それでも「ズボン忘れんでよかったわ〜〜」って言ってる流星くんの笑顔がスーパーキラキラで眩しいよ……それからあとでみんなでバーベキューしてるときに「俺いまパンツ履いてへんねん」って何故かコソッと耳打ちで教えてくれるから、流星くんと一緒にコンビニにパンツ買いに行こう♡

 

 

 

神山くんの場合………

神ちゃんもそんな状況はないと思うんだ!!むしろ旅先でパンツ忘れた流星くんに「これ、予備やから。」ってくれるよね!!!新品を!!誰か忘れるかもしれへんって用意してくれてた神山くんの優しさと気遣いに惚れ直すしかない。やっぱり好きになってよかった!って思わせてくれる天才……!でもわたしがパンツ忘れたって言ったらコツンて優しく怒ってくれないかな…「さすがに俺も男用しかもってへんよ」って言いながら「あ〜〜もうそこでまっとき?な!」めっちゃ恥ずかしいのにコンビニで女性用パンツ買ってきてくれるトモくんはスーパー彼氏…それでも不慮の事故でトモくんのパンツが全滅した場合は「どうしよっかなぁ〜」って冷静に考えて、持ってきてたタオル兼手ぬぐいで、ふんどししめたりしないかな??しない??それはやりすぎ??

 

 

 

小瀧くんの場合………
望は旅行先でもパンツ忘れたりしないけど、お風呂あがりに脱衣所にパンツを持ってくのを忘れて大きな声で呼ばれます。「なぁ〜〜ちょっときて〜〜」扉越しにどうしたのって聞いたら
「開けて大丈夫やで」って言うので扉開けて様子を伺います。バスタオル一枚腰に巻いて、首からタオル下げて「パンツ、履いてへん!カバンとこ忘れた!!」ってだだこねてる子供みたいに言うからかわいくて、仕方ないなぁ〜♡って取りに行こうとしたら腕引かれて止められる…!そのまま抱きしめられた?!と思ったら「もう、そんなんあとでもええか」って言う望はさっきまでとは雰囲気が全然ちがう〜〜〜〜危険!!!

 

 

 

照史くんの場合………

照史くんは、長年付き合った彼氏なの。お互いの実家もよく行くんだけど、正月うちの実家に顔出して「お前の家族にも新年の挨拶したいねん」 って言ってくれるから親族の集まりきてもらったんだけど!!親戚一同あっくんのこと大好きだから、もうめっちゃ呑まされて、たらふく食べさせられて、おじおばたちに、あんたらはよ結婚式よんでや〜?って言われて「当たり前やん!そんなんゆうてご祝儀奮発してなぁ〜」 って上機嫌にわらってるの……そんでもう遅なったし泊まってき!ってなって、お兄ちゃんのパジャマとか貸してもらうんだけどさすがにパンツは借りられへんわってお風呂あがりに『せやからいま、パンツ履いてへんねん』って照れ笑いしてるあっくんの笑顔にキュンてするんだぁ〜〜!『明日履きたいから今日のやつ洗ってんけど、どっか干して?』って家族が寝静まって誰もいない客間でパンツ託されて、縁側の端っこに干しながら、あっくんのパンツ洗いたかったな〜〜これからわたしが洗えるのかな?ってしみじみ思いたいです。

 

 

 

 

だんだん長くなる悪い癖!

設定も発言も全てが謎だろうけどここまで読んでくださった方には菓子折り進呈したいです。ありがとう!!!!!!!

 

でもまだ、最後の砦がございます。

 

ご存知、スーパーリア恋お兄さんこと

濵田崇裕くん。

 

 

さて、ここからが1番長いです♡

しかもショートストーリー仕立て……

所謂夢小説!!

 

偏る性癖お許しください…✋

今回はチャラそうでつかめない濵田くんだよ!そんな役ドラマ化希望だよ!!でも女と絡んだらしぬよ!!!

 

 

 

 

 

濵田くんの場合………

 

 『遅なってごめん!』
そう言う崇裕くんを部屋へ招き入れると定位置と言わんばかりに2人がけのソファーへ座った。時々やってくる彼とは友達以上恋人未満というような関係で、もちろん付き合ってるわけではない。かわいい言い方をしたけれど、お互い都合の良い時に会うだけの都合の良い関係だ。だけどそこにわたしの気持ちだけ一方通行があることは付け加えておく。本気になってしまった都合の良い女のよくある話だ。
「ちょっとまってね」キッチンに用意してあったコーヒーを淹れる。小さなテーブルにコーヒーを並べて、向かい合わせに座るわたしに『ありがとう』と一言微笑む崇裕くんをみて、すきだと感じずにはいられなかった。今この瞬間、彼の笑顔が私のもとにあることがそれだけでただ嬉しいと思ってしまう。
彼は優しい。ここへ来た時も、遅くなってごめんと言ってくれた。遅れるもなにも、もともと約束していたわけでもないし、いまどこ?というお決まりの連絡が来て、わたしが家にいることがわかると一言、今から行くと返事が送られてきた。時間を言われたわけでもないし、待つことにはもう慣れてしまった。来てくれただけで嬉しい。わたしの感覚は麻痺しているのだろう。
『今日な、友達のとこから来てん。』
崇裕くんが面白い話をするかのようなテンションで話し始める。「そうなんだ〜」と相槌をうつわたしは頭の中で、女のところでしょ?…と余計なことを考えてしまう。
『昨日の夜飲み会に顔だしてんけど、帰りめんどなってそのまま友達んとこおってん』

ほらね?やっぱり。わたしだって崇裕くんから言わせれば『友達』というそれなのだろう。他所ではそう呼ばれてるのかもしれない。浮かぶ嫌な気持ちを隠すように、ポーカーフェイスで「へぇー」と続けて相槌をうつ。
『泊まるつもりちゃうのに気付いたら朝やってん。ほんで、朝シャワーしてからヤバってなってんけど、、』饒舌に話し続ける崇裕くん。
泊まるとかシャワーとか、聞きたくなかった単語が嫌なことを連想させて頭の中で繰り返される。男とも女とも言わない友達という言葉が怖い。もう、頷くことさえ出来ていたかどうかもわからないまま、少しでも気を紛らわせたら…と、よそ見をしながらコーヒーを飲んだ。
すると、崇裕くんはソファーをおりてわたしに近づいて、ぐっと顔を寄せ
『おれ、いまパンツはいてへんねん…』
そうわたしの耳元で囁いた。

イタズラ心と面白半分でからかう彼は、こらえきれずにクスクスと笑っている。嗚呼、その顔…その笑顔がすきなんだ。崇裕くんの言葉と近づいた距離に心臓がうるさくて仕方がない。「もう、なに言ってんの」
なんでもないみたいに笑ってごまかすけれど、崇裕くんは『確かめへんの…?』と、再び顔をギリギリまで近づける。思わず目を逸らした一瞬の隙に、彼は軽く触れるだけの口づけをした。すぐに離れた唇を名残惜しそうに見つめると「…確かめたくなったやろ?」と不敵に笑った。

 

 

 

 

ん〜〜〜〜〜〜

あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜チャラ裕〜〜

 

 

 

もう友達が誰でもわたしが誰でもなんでもいいや、パンツ履いてないこと確認しよう。そうしよう。

 

 

😂カルテットにひっぱられて

はまだくんはチャラ設定😂

 

全てフィクションです。当たり前だけど。

ほんとのはまだくんのことなんてわたしは知ることができないけどさ(安定の激重)しらんけどはまだくんていまは?きっと誠実じゃないですか〜〜。ほんとしらんけど。若気の至りに適度に遊んだ過去さえ肥やしにして深みが増したのだとしてもそうじゃないにしてもずっと一途な恋をしてたとしてもそれの逆でもそれとは違ってもどんなことがあったとしても、いまのはまだくんがかっこよくてかわいくてたまんないからなんでもいいや。っていう勝手な想像から生まれた物語でした😇

 

 

普段は濵田くんにフラれる妄想ばっかりしてるのにー!!今日は遊ばれようね♡

 

そんで複数いる前提の下「お前だけやで?」

って言われたいね……… めんどくさそうに…うるっさいな…ダルって…………

 

 

 

 

まぁ、普通に暮らしてて人間パンツ履いてへんなんてことそうそうないですけども、考えてたら楽しくなっちゃって!!!!いや〜たのしい!!!やたらコンビニパンツでてくる〜〜。便利な時代だ!

 

濵田くんに至ってはもう居ても立っても居られなくてただひたすらに勢いで夢小説書きだした俺ってどうかしてるな〜〜って思いながら!!!!!!!

 

わたしは今日も元気です♡♡♡

 

 

 

あー楽しかった♡

 

明日から福井だよーー!!

みんな雪で困らないといいね…。

 

 

 

 

 わしは明後日行きます!!

 

雪に願いを❄️❄️

みんな無事にたどり着けますように🌟

 

 

 

 

なんだこのブログ😇

とにかくお読みいただいたお優しいあなた。

本当にありがとうございました!!!

 

 

よろしければ

パンツ履いてへんWEST妄想してみてね♡

 

 

パンツ履いてへんfunkyちゃんもやりたい!

 

 

 

 

 あと、

雪に願いをで妄想もたくさんしたから

またブログに書きたいです。

 

 

 

ばいばい♡